アトピー石鹸は皮膚のバリア機能の回復がカギ!

アトピー

 

アトピー石鹸は、保湿、肌のバリア機能が大事です。

 

特に、アトピー性皮膚炎の治療は、大きく3つあります。

 

アトピー性皮膚炎の治療目的
  1. 皮膚の炎症を抑えること
  2. 皮膚のバリア機能を回復させること
  3. 湿疹がでない状態をつくること

 

アトピーの治療目的に対する対策として3つが大切と言われています。

アトピー性皮膚炎の3つの対策
  1. 皮膚の炎症を悪化させない
  2. 皮膚を乾燥から守り清潔にする。
  3. 汗やダニなどのアレルゲンを減らす

 

特に、アトピー石鹸は、皮膚を乾燥から守り、清潔にする働きが中心になります。
毎日使うものでもあり、普段どんな石鹸を使っているかによって、症状は当然変わってきます。

 

以下は、すこやかライフ(環境再生保全機構)が提供している生活情報誌から抜粋したものです。

 

アトピー性皮膚炎の皮膚は、アレルゲンをまともに受けやすいだけではなく、水分が蒸発しやすいため、炎症が起こりやすい肌状態だと分かりますよね。

 

これが、かゆみや湿疹につながるんです。

 

アトピー性皮膚炎 皮膚バリア

出典元:独立行政法人 環境再生保全機構 すこやかライフ

 

この中で、東京都率小児総合医療センターの赤澤先生のコラムで以下のように述べられています。
箇条書きでまとめると以下の通りです。

 

  • アトピー性皮膚炎の治療は、正しいスキンケア(カラダを洗い、保湿剤を塗る)を毎日おこなう。
  • 湿疹がある時は、皮膚の炎症を抑えることが最優先
  • ステロイド外用薬の副作用の心配より、医師の指示に従うこと。
  • ステロイドは、自分の判断で中途半端に止めないこと
  • 主治医に、どの薬をどこに、どれくらいの頻度で、どれ位の量をいつまで使用するのか確認する。

 

アトピー石鹸で洗った後もバリア機能を高める保湿と保湿剤

アトピー性皮膚炎は肌が乾燥しやすい状態のため、アトピー石鹸でカラダを洗った後は、は保湿することが大切です。
ここでは、アトピー石鹸で洗った後に使う保湿剤の種類と主な成分をご紹介します。

 

保湿剤の主なタイプ

 

タイプ 解説
クリーム ローションと同じく、比較的広範囲に使えます。べたつきもほとんどないことから、使用後もサッパリしています。
ローション 手触りは、サラッとしているため、べたつきがありません。夏場は汗もが出来やすい時期ですが、ローションを使えば手軽に保湿ができます。頭皮にも使える保湿剤です。
軟膏 冬場の感想時期によく使われます。油性で水分の蒸発を防ぐことができます。べたつきはありますが、保湿力の高い保湿剤です。

 

保湿剤に使用される主な成分

 

成分 主な働き メリット デメリット
尿素 皮膚の水分の蒸発を防ぐ 乾燥により皮膚が硬くなるのを防ぐ。角質を柔らかくする作用がある。 個人差はあるが、しみる場合がある。刺激が強いため、使う場合は注意が必要。
セラミド 皮膚の水分の蒸発を防ぐ 水分を保持する機能、バリア機能に優れた成分 ドラッグストアなど市販のものは、含有量が少ない。価格が高い傾向にある。
ヘパリン類似物質 皮膚の水分の蒸発を防ぐ 長時間、水分を保持する機能が働く。べたつきがなく、伸びもいい。 アトピー性皮膚炎の炎症部分に塗ると、刺激が強い場合がある。使う場合は注意が必要。
ワセリン 皮膚を保護し、水分の蒸発を防ぐ 皮膚の表面に油膜をつくる。水分の蒸発を防ぎ、各膣を柔らかくする働きがある。 保湿が強いため、夏場は汗もができることも。べたつくため、使用感は良くない。

 

このように、成分も一長一短があります。
ですので、初めて使う時には、試し塗りをして、お肌に影響がないかチェックしてから、使い始めるようにしましょう。
そして、アトピー石鹸は、お肌のバリア機能の高いものがおすすめですよ!

 

こちらも読まれています。

アトピー石鹸おすすめランキング!

TOPへ