ホノホの成分解析

ホノホ(honoho)

ホノホ(honoho)は、成分を見て分る通り、石鹸よりもプラセンタの量が多い、アトピー石鹸なんです。

 

プラセンタは、医療現場でも使われていますが、プラセンタには、コンドロイチン硫酸、ビタミンDといった免疫抑制物質が含まれています。

 

また、抗アレルギー、抗炎症作用もあり、痒みを抑えてくれる働きもあります。

 

特に、プラセンタは、健康的な皮膚を作り出す成分も含まれているため、今までの石鹸とはまた違った感覚で使える石鹸といっていいでしょう。

 

もちろん、最初は、自分の肌に合うかお試しして、良かったら続けるのも一つですよ!
ホノホは、麦プラセンタの専門店なので、安心して使えると思います。

色分けの説明

石鹸解析の結果を色でご紹介します。大きく、保湿、消炎・洗浄、品質保持の3つに分けております。

 

分類 内容
水色 保湿成分
緑色 消炎・洗浄(炎症を抑える成分、洗浄する成分)
紫色 品質維持(品質を維持する成分)

 

アトピー石鹸の解析結果

ライムギプラセンタを贅沢に配合している珍しいアトピー石鹸。
ここまで、配合されているプラセンタ石鹸は、探しても簡単には見つからないと思います。これも、麦プラセンタ専門店だからこそ出来た石鹸ともいえるでしょう。

成分名 成分分析
ライ麦胎座培養エキス液 ライ麦プラセンタ
オクラ果実エキス 保湿
ユズ果実エキス 人の角層セラミドに近い成分
ショウガ根エキス 血行促進効果や抗菌作用
黒砂糖 保湿剤
ヤシ脂肪酸 油剤
月見草油 アトピー性湿疹の療法として使用
スクワラン 油剤、エモリエント剤
モロッコ溶岩クレイ スクラブ剤、吸着剤
BG 保湿剤、溶剤、粘度低下剤
クエン酸 キレート剤、pH調整剤
コハク酸 収れん剤
尿素 保湿剤、肌のバリア機能
フェノキシエタノール 防腐剤、菌の増殖を防ぐ
溶剤
石鹸素地 界面活性剤、石けん

 

アトピー石鹸解析(ホノホ)のコメント

honoho(ほのほ)解析結果

プラセンタ石鹸といっても良い程、潤いを重視したアトピー石鹸です。
知名度が低いにも関わらず、アトピー性皮膚炎の方も良く使われていることがよく分ります。

 

成分を洗い出してみると、プラセンタを活かした保湿力や汚れは、化学物質は使わず、クレイの吸着力を使うなど、肌への影響を良く考えた石鹸です。
価格以上のパフォーマンスが期待できる成分もあります。

 

奇跡のオールインワンまではいきませんが、アトピー石鹸の上位に食い込むだけの実力は十分にあります。今後も期待できる代表的な石鹸といっていいでしょう。
ただ、ホノホは、ホームページを見て分る通り、あっさりし過ぎてしています。

 

なので、99%の人はスルーするのが実際の所だと思います。

 

総合評価 コメント
プラセンタが贅沢に配合されたアトピー石鹸。

 

 

TOPへ