災害が起こったときの子供のアトピー対応はどうする?

災害時は、停電や断水が発生します。
自宅でのケアが出来ない場合、避難所での生活を余儀なくされることもあります。

 

そんな場合に、アトピー疾患を持つ子供は、どう対応すべきなのでしょうか。
その指針として、日本小児アレルギー学会から「災害時のこどものアレルギー疾患対応パンフレット」が配布されています。

 

ここでは、アトピー性皮膚炎の子供の対応について、簡単にまとめました。

 

災害時のこどものアレルギー疾患

 

このパンフレットは、東日本大震災をきっかけに作られたもので、その後の熊本大地震でも使われています。
まだ、一読していない場合は、簡単に目を通しておきましょう。

 

災害時のアトピー性皮膚炎のこどもへの対応

災害時は、頭の中もパニックになることが珍しくありません。
ですので、数多くのことをおこなうより、出来ることから優先しておこないたいところです。

 

以下、どれも普段の生活であれば、当たり前のことばかりですが、緊急時の場合は、慌てず対応していきたいですね。

 

シャワーがある場合

シャワーは、治療の一環として、使えるならば、使った方が良いです。
シャワーが確保できない場合は、避難所、行政の担当者に相談しましょう。

石鹸が使えない場合
シャワー浴だけでも効果はあります。汗をかいたら、早めに洗い流しましょう。

 

シャワーがない場合

タオルをお湯で濡らし、押しふき、優しくふきましょう

 

市販のウェットティッシュ等は、アルコール等が含まれているため、使う必要がある場合は、パッチテストをしましょう。

 

塗り薬

塗り薬は強めのものを使うように、パンフレットには紹介されています。
(災害時は、皮膚炎が悪化しやすいため。)

 

そのため、いつもより、少し強めのステロイド薬を準備しておきましょう。

災害時は、ストレス等でかゆみが強くなる!
かゆみが発生した時は、冷たいタオル、ステロイド入りの塗り薬が使える状態にしておきましょう。

 

アトピー性皮膚炎の災害時の備え

ここでは、災害時に慌てることがないよう、アトピー性皮膚炎の場合の持ち物をチェックしておきましょう。

 

塗り薬 1週間分

塗り薬は、通常使っている塗り薬の他に、少し強めのステロイド薬を用意しておきましょう。
特に、大災害時は、近くのお店で、塗り薬を買うことは、困難なケースが多いです。

 

そのため、市販のものでも、備蓄しておいた方が安心ですよ。

 

アトピー石けん

持ち運び用に、アトピー石鹸を1つ用意しておきましょう。
固形か液体か、持ち運びやすいものを準備しておきましょう。

 

ビニール袋

ビニール袋は、水と石鹸と混ぜ、洗い流し用に使うことができます。

 

お薬手帳

過去の塗り薬、薬の飲み合わせ等が記載されているため、万が一の時に、役に立ちます。

 

また、パンフレットには記載されておりませんが、実際に災害に合った方の口コミをみると、保冷剤が役に立ったという方もいました。
痒みを抑えることができるため、一時的ではありますが、準備しておいて損はないと思います。

 

「災害時のこどものアレルギー疾患対応」パンフレットは、ココからもダウンロードできます。

 

災害時のこどものアレルギーに関する相談窓口(無料)
メール相談:sup_jasp@jspaci.jp

 

アトピーを持つ場合の避難所で生活する時の感染症予防

避難所で生活は、共同生活になるため、非常にストレスの溜まりやすい環境にあります。
ここでは、特に、避難所生活で注意すべき点についてまとめました。

 

食事

食事前には、石鹸と流水で手を洗い流す。

 

擦り込みみ式アルコール(ノロウイルス、インフルエンザ、O-157対策)の使用は、アトピー性皮膚炎を悪化させる可能性があるため、注意する。(成分:塩化ベンザルコニウム、エタノール、ポビドンヨードは、憎悪する可能性あり。)

 

トイレ

トイレで用を足した後は、必ず石けんと流水で手洗いを行う。
アトピー石鹸は、持ち運びに便利な液体パックもあります。)

 

特に、タオルの貸し借りや感染症の元になるため、避けましょう。

 

風邪・感染症

避難所には、健常者の方もいれば、風邪気味の方もいます。
同じ、場所に長い間いることで、自分も感染してしまう可能性もあります。

 

そのため、予防として、マスク着用、ティッシュ、手洗いは小まめししましょう。

 

熱中症対策

熱中症は、屋外だけでなく、室内でもおこります。
そのため、適度な水分は、こまめに取るようにしましょう。

 

ポカリスエットのような水分、塩分等が取れるものがあると便利ですよ。

 

◆参考情報

 

日本小児アレルギー学会
https://www.jspaci.jp/gcontents/pamphlet/

 

日本環境感染学会「平成30年7月豪雨における感染症予防」
http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/h30_7_kansensyoyobou-zentai.pdf

 

大分県立看護学科大学「手指消毒薬とアトピー性皮膚炎悪化の関連」
http://www.oita-nhs.ac.jp/news/detail/379

TOPへ